にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

アンタイトルド2100

小言オヤジ

2014年01月28日

シルクロードステークス展望

京都芝1200m。今秋からBコースに変わるのでまた馬場傾向を土曜日に確かめる必要があるだろう。Bコースは通常差し馬が台頭しやすいので馬場傾向は差し馬中心になる。

ポイント

(1)前走淀短距離S組、京阪杯組

同条件のこれらのレースに出走している馬が強い。負けていても重賞勝ち実績のある馬は要注意。

アイラブリリ、ブルーデジャヴ、レディオブオペラ、ローガンサファイア

(2)前走スプリンターズS組も注目。

一昨年まで前走スプリンターズS組は3着にも入らなかった、この組が昨年は1,2。

今年は該当馬なし。


(3)前走勝ち馬は強い

勢いに乗っている馬が強い。1600万条件でも勝っていればハンデ次第で勝負になる。

レディオブオペラ 、アフォード、ストレイトガール

(4)瞬発力勝負

瞬発力がある馬に注意。近走の上り3ハロンが上位の馬に注目だ。

プレイズエターナル

現時点での注目馬は、レディオブオペラ、プレイズエターナル、ストレイトガール
posted by メタル at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月27日

根岸ステークス展望

東京ダート1400m。開幕週なので、馬場をチェックする必要がある。基本は逃げ先行有利だが、このレースに限っては差し馬に注意。

ポイント

(1)前走勝利の馬

前走で勝利している馬が強い。G1かダートのG3以外では勝利が条件だ。

ドリームバレンチノ、ウォータールルド、スノードラゴン、ノーザンリバー

(2)前走ギャラクシーステークス1〜3着馬、カペラS優勝馬

スピードのある馬に注目だ。

ウォータールルド、ノーザンリバー

(3)外枠は不利

外枠の優勝例がないので、軸は内枠〜真ん中の枠くらいが良い。

現時点での注目馬は、ドリームバレンチノ、ブライトライン、ノーザンリバー
posted by メタル at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月22日

京都牝馬ステークス展望

京都芝1600m。馬場が良く、乾いているようなら先行馬が止まらない。多少詰めの甘い馬でも上手く先行すれば残ってしまう馬場なので要注意だ。

ポイント

(1)前年に絡んだ馬が来やすい

前年に3着以内に入った馬が絡む。

今年は今年は該当馬なし。

(2)距離がマイルではやや長いタイプが穴

高速馬場はスタミナを要さないので、前走1200〜1400mで勝っているタイプが穴で来る場合が多い。特に3着

今年は、ノーブルジュエリー、エアジェルブロワ。

(3)クラシック路線でやや足りなかったタイプ

クラシック路線でもまれて来たタイプが開花するレース。

今年はノボリディアーナ、ウリウリ、ローブティサージュなど

(4)血統

勝ち馬には父サンデー系、母父サンデー系が占めるが、長くいい脚を使えるノーザンダンサー系もよく絡む。

ノボリディアーナなど。


現時点での注目馬は、ノボリディアーナ、ノーブルジュエリー、ウリウリ
posted by メタル at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月21日

東海ステークス展望

中京ダート1800m。基本的には逃げ先行有利で、先行馬が粘る場合が多い。

ポイント

(1)中京巧者

中京コースも適性がものを言うので、中京巧者には注意。

グレープブランデー、ナムラタイタン、ナムラビクター

(2)前走JCD

昨年はJCD5着のグレープブランデーが優勝。レベルの高いレースに出ている馬は素直に買いだ。

グランドシチー、グレープブランデー、ソリタリーキング

(3)血統

父:サンデー長距離馬が強い。

グレープブランデー、ナムラビクター

(4)格

昨年はG1ホースのグレープブランデーが勝利。G1ホースは実力通り力を出せる。

ニホンピロアワーズ、グレープブランデー


現時点での注目馬は、ニホンピロアワーズ、グレープブランデー、ナムラビクター、ソリタリーキング
posted by メタル at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月20日

アメリカジョッキーズクラブカップ展望

中山芝2200m。基本的に先行馬が有利で実力通り来るレースだ。

ポイント

(1)前走有馬記念組

格で来るレースで実績を信頼してよい。

ダノンバラード、ヴェルデグリーン、トゥザグローリー


(2)前走中山金杯、中京の重賞レース

着順は不問で穴となる馬はこれらのレースをステップとしている。

マックスドリーム、ケイアイチョウサンなど


(3)穴は逃げ先行馬

出走頭数が少ないせいか、展開次第で逃げ先行が残りやすい。


(4)血統

サンデーの長距離×ノーザンダンサー系か欧州スタミナ型が強い。ややジリっぽいタイプ向きのレース。

ダノンバラード、フェイムゲームなど



現時点での注目馬は、、ダノンバラード、ヴェルデグリーン、トゥザグローリー、レッドレイヴン
posted by メタル at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月18日

京成杯予想

中山芝内回り2000m。時計のかかる馬場で、あまり後ろにいると届かない。スタミナ、パワー血統が有利だ。



<展開>逃げるのは1番のホルボッシュか、9番のアグネスドリームだが、9番が強引に行くだろう。ペースは速くなる。



◎ 7番ラングレー



前走は時計の速いスローの上りでこの馬には向かなかった。新馬戦の勝ちっぷりからも時計がかかる馬場の方が良さそうだ。好位から抜け出す。



〇 14番ピオネロ



コチラは新馬戦の瞬発力が光る。前走も追えばしっかり伸びる好内容。枠がやや外過ぎな感もあるが、ペースが速くなるので問題ないだろう。血統的にも中山は問題ない。




△ 16番キングスオブザサン



前走の勝ちっぷりは強かった。大外枠はマイナスな上父:チチカステナンゴなので、勝ちはないだろう。2、3着候補。



△ 6番エアアンセム



こちらも前走の勝ちっぷりが良かった。血統的に勝ちはないが、大崩れはしないだろう。




穴:4番ウインマーレライ



前走は出遅れて直線だけの競馬。今回は上手い外人ジョッキーに替わるので大幅にプラスだ。着拾いに期待する。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



8番ディアデルレイは良血馬だが、前走500万条件を勝っていないので消し。

9番アグネスドリームは同型馬がいるので粘れない。消し。

12番プレイアンドリアルは騎手が下手。距離もやや長い。消し。

13番デリッツァリモーネは前走負けすぎ。瞬発力がないのに外枠なので消しでよいだろう。

15番はリルダヴァルの弟だから消し。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



FM⇒OEFM⇒OEFMC 18点
posted by メタル at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月17日

ニューイヤーステークス予想

中山芝外回り1600m。馬場の内側は伸びないので内側は逃げて3着に粘るパターンのみ。中枠の先行馬が有利だろう。内枠は差し馬に注意。

<展開>逃げそうなのは8番のタイキパーシヴァル、14番のルナ。2頭ともハナを奪わないと競馬にならないのでかなり飛ばしそうだ。外目の差し馬に注目。

◎ 13番ゴットフリート

今の力のいる馬場の方が、血統的にもよさそう。得意の条件なので大崩れはないだろう。

〇 12番レッドアリオン

こちらも瞬発力がないので、今の馬場は合っている。前走は逃げたが、今回は控えそう。展開は向きそうなので最後はしっかり伸びてくるだろう。


△ 8番タイキパーシヴァル

ハナを奪い切ればこの馬。ここ2戦はスローペースに落として頑張っている。休み明けで乗り替わりのルナとの兼ね合いがどうかだが、枠的にはコチラが有利だろう。逃げ残りの3着を期待する。

△ 11番カオスモス

休み明けだが、春先はエーシントップやコパノリチャードと善戦していた。先行してしぶといので勝ちはなさそうだが、3着くらいには粘りそうだ。

穴:4番コスモソーンパーク

この馬も切れがないので今の馬場は歓迎。他の馬が馬場を気にするならば力のいる馬場が得意なこの馬にもチャンスはある。中山も得意で、3着くらいはありそうだ。

3連単 KL−CGJ 18点 
posted by メタル at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月16日

日経新春杯展望

京都芝外回り2400m。現在の京都馬場は内側を通れるか。馬場状態に注意だ。

ポイント

(1)京都外回り巧者

この条件に強いタイプが絡む。

アドマイヤフライト、フーラブライド、サトノノブレス、コウエイオトメ


(2)前走重賞組

ハンデ戦だが、基本的には格重視。G2は不振だが、今年は番組変更があったのでどうか。

ウインドジャズ、カワキタフウジン、コウエイオトメ、サトノノブレス、テイエムイナズマ、フーラブライド、ラウンドワールド、ラブイズブーシェ、ロードオブザリング


(3)軽ハンデの条件馬に注意

昨年はカポーティスターなど、軽ハンデの条件馬に注意。


(4)血統

スローの上りになりやすいので、瞬発力のあるタイプが良い。キンカメ産駒かサンデー長距離中心。


現時点での注目馬は、アドマイヤフライト、サトノノブレス、コウエイオトメ、フーラブライド、ラブイズブーシェ

posted by メタル at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月14日

京成杯展望

中山芝2000m。馬場は外差しが決まりつつある。当日の馬場状態に注目だ。内枠の馬は4コーナーで外に出せる差し馬が良い。先行馬に勝ちはないだろう。

ポイント

(1)前走朝日杯FS、ホープフルS、ラジオNIKKEI杯組

オープンクラスが強く、前走これらのレースの馬に注意だ。

アグネスドリーム、ウインマーレライ、エアアンセム、セセリ、デリッツァリモーネ、マイネグレヴィル、ラングレー、プレイアンドリアル

(2)前走1800m以上勝利

未勝利、500万でも1800m以上の勝利のあるタイプに注意。

キングズオブザサン、ディアデルレイ、ピオネロ、ムードスウィングス

(3)新馬勝ちは消し

レース経験が物を言うレースで、1戦しかしていない馬は消しだ。


(4)血統

タフな馬場なので長くいい脚が使えるタイプが良い。サンデー長距離×欧州スタミナ型。

(上記条件に該当する馬のみ)アグネスドリーム、ピオネロ、ラングレー


現時点での注目馬は、ラングレー、ピオネロ、エアアンセム、キングズオブザサン、デリッツァリモーネ
posted by メタル at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月13日

フェアリーステークス予想

シンザン記念は咄嗟に3着馬を替えて的中。中山コースも馬場傾向をつかむことが重要だ。

中山芝外回り1600m。例年内枠が有利だったが、昨年は外枠の決着。今年も外側が伸びるので、内枠の馬はコーナーで外へ出さなければならない。中枠が有利か。


<展開>12番のスイートガーデンが単騎で行けそうなメンバー構成。スローペースになりそうだ。好位につけられる馬が有利だろう。逃げは捕まる。


◎ 7番 オメガハートロック

人気だが、姉は重賞勝ち馬で、新馬戦の勝ちっぷりを見てもオープン級の実力がありそう。今年はさらにメンバーレベルが低いので、この相手なら能力で勝ちそうだ。母系も力のある馬場が得意で、中山コースは全く問題ない。


〇 3番 リラヴァティ

内枠が問題だが、能力的にはこの馬が勝ってもおかしくはない。新馬戦で首差負けたマイネルメリエンダは先週のジュニアカップでも2着。兄はラジオNIKKEI杯優勝馬アダムスピーク。瞬発力不足なので、今の中山はベスト。コーナーでなんとか外へ出せれば勝てる。


posted by メタル at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月11日

シンザン記念予想

京都芝外回り1600m。馬場が乾けばまた高速馬場になるだろう。

小頭数なので、逃げ先行内枠有利だ。

<展開>1番枠を引いたウインフルブルームがハナを奪い、12番ミッキーアイルがそれを追いかける展開。スローのあがり。

◎ 12番 ミッキーアイル

ハナを奪ったほうが有利になりそうだが、京都コース経験のあるこの馬を推す。鞍上は昨年もこのレースを勝っている浜中、きっちり捕らえるだろう。


〇 1番 ウインフルブルーム

逃げるのが前提で逃げたら本当にしぶとい。展開的にはこちらがかってもおかしくないが、鞍上が和田なので勝ちはないだろう。2着候補。


△ 11番 モーリス

血統的にはこけそうだが、能力が高い。出遅れないという前提で押さえる。

△ 8番 ビップレボルシオン

前回軸にして失敗したが、長くいい脚を使えるタイプで血統的にも問題ない。前2頭が千切る展開になりそうなので、着拾いに期待する。


K⇒@⇒JG
posted by メタル at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月10日

大和ステークス予想

京都ダート1400m。先週のレースを見ると逃げは捕まる馬場。内枠の馬が勝利しており大外はやや不利か。

<展開>1番のキズマと9番のジョヴァンニが飛ばして逃げるのでハイペースとなる。決め手のある差し馬が有利だろう。

〇 5番キョウワダッフィー

大和ステークスは昇級馬が強く、今回はこの馬が一番当てはまる。2走前の麦秋ステークスでは重賞勝ち馬ブライトラインの2着。能力的にはこのメンバーでも引けは取らない。京都コースおよび1400mの複勝率は100%、鞍上福永で軸としては良いだろう。


△ 6番マルカフリート

昨年の勝ち馬で、条件はベスト。このレースと相性の良い前走ギャラクシーステークス2着。不安は鞍上の四位のみ。ハイペースの今回も勝ちはなさそうだ。

△ 12番ガンジス

外目の枠からはこの馬。重賞では一息だが、オープン特別なら別。京都コースも問題ない。詰めは甘いがこの相手ならなんとかなるだろう。

▲ 3番メイショウマシュウ

鞍上がヤバいが、ハイペースで前に厳しい流れなら、重賞勝ち馬のこの馬が差してくる。


BK⇒D⇒KEB
BK⇒KEB⇒D  8点
posted by メタル at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月08日

フェアリーステークス展望

中山芝1600m。馬場は時計のかかる馬場で、スタミナとパワーが必要だ。基本的には逃げ先行有利。

ポイント

(1)前走阪神JF組

同距離、格の高いこのレースからの出走う馬が強い。ただし500万条件を勝っていることが条件

該当馬なし


(2)複勝率の高い馬

大崩のない馬は強い。

ニシノミチシルベ

(3)穴は叩き上げ

未勝利でもたついていたタイプが競馬をおぼえてきたパターン。前走1600m〜1800mを使って勝っていること。

シーロア、リラヴァティ

(4)新馬勝ち

能力のある馬ならレース経験は不問。

オメガハートロック、ホットランナーなど




現時点での注目馬は、ニシノミチシルベ、リラヴァティ、オメガハートロック
posted by メタル at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月07日

シンザン記念展望

京都芝外回り1600m。今年も高速馬場なので基本先行内枠が有利だ。

ポイント

(1)先行力

高速馬場は前が止まらない。先行力のある馬が有利だ。差し馬は長くいい脚が使えて、瞬発力も兼ね備えていないとならない。

ウインフルブルーム、ミッキーアイル

(2)格

前走朝日杯FS組が強い。

ウインフルブルーム

(3)前走阪神マイル組、単距離組。

500万条件の千両賞などをステップにしている馬が絡む。マイル的性は重要だ。また、高速馬場でスタミナを消費しないので前走2000mなどの中距離よりは前走1200〜1400mの馬の方が3着に入りやすい。

モーリスなど

(4)連対率が高いタイプ

大崩れのないタイプが強い。

ウインフルブルーム、ミッキーアイル

(5)血統

ここが一番重要なポイント。基本的な配合はサンデー系長距離×ノーザンダンサー。父:ディープインパクトなどややクラシックディスタンス以上走れる血統が良い。

ウインフルブルーム、ミッキーアイル、アグネスドリーム、ビップレボルシオン


今年はミッキーアイルとウインフルブルームが断然強いので着差の付く結果となるだろう。3着探しがポイントだ。

現時点の注目馬はミッキーアイル、ウインフルブルーム、アグネスドリーム、ビップレボルシオン、モーリス
posted by メタル at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月04日

京都金杯予想

京都芝外回り1600m。Aコースを使用する。開幕週のため例年内側が有利で外枠、特に差し馬は着拾いが精いっぱいの馬場。内枠の馬を重視だ。

<展開>どうしても行きたい馬がいないので、12番のテイエムオオタカがハナを奪う事になるだろう。そのあとにガルボ、マイネルラクリマが続く。スローペース。

〇 8番マイネルラクリマ

1昨年の勝ち馬で、平坦コースが得意。京都の馬場は連を外しておらず前残りの開幕週ならこの馬が軸でよいだろう。問題は58kgの斤量。トップハンデは苦戦しており、ここは勝ちはないと見た。2、3着候補。


◎ 6番オースミナイン

父:ディープインパクト、母父:ノーザンテーストでこのレース向きの配合。未だ掲示板を外しておらず、瞬発力も兼ね備えているので、ここはチャンスだ。54kgの斤量、鞍上福永、内枠。条件はそろっているので、後は底力があるかどうかだろう。


▲ 9番メイケイペガスター

スローの上りならこの馬。血統的にはこのレースとは合わないが、前走は相性の良いキャピタルステークス3着、重賞勝ちあり、能力的には来てもおかしくない。ただ折り合いがつかな場合は惨敗も有り得るので注意が必要だ。

△ 2番エキストラエンド

鞍上はルメール。これだけで買いなのだが、重賞実績がないので3着が精いっぱいか。枠は申し分ないので着拾い候補だ。

△ 10番ガルボ

3年前に2着に来ている。前が止まらない馬場なら先行力を活かして粘りこめる。ただ詰めが甘いので斤量も増える事から3着がいいところだろう。

△ 14番プリムラブルガリス

この馬は今回人気のオースミナインに勝っており、配合もこのレース向き。残念なのは14番枠だったことで勝ちは無い。3着候補。


EH⇒G⇒EHAIM
EH⇒EH⇒G

10点
posted by メタル at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月01日

京都金杯展望

京都芝外回り1600m。開幕週のため、内枠先行有利。近年はとにかく逃げれば勝ちと言う逃げ有利の馬場だが・・・。

ポイント

(1)逃げ先行内枠

開幕週で馬場が良いのでとにかく外を回すのは不利。コースロスのない逃げ先行内枠が有利だ。


(2)前走朝日チャレンジカップ組

もともと鳴尾記念組が活躍していたが、開催時期が変わって同条件の朝日チャレンジカップ組が昨年も2着に入ったように有力なステップだ。

カルドブレッサ、スマートギア、マイネルラクリマ、マックスドリーム

(3)トップハンデは苦戦

ハンデ戦らしくトップハンデ馬は苦戦傾向。それでも54〜57kgのある程度の実力馬でないと勝ちはない。


(4)血統

ノーザンダンサー系が強い。昨年はサンデー長距離型のワンツースリーだったが、母系は全てノーザンダンサー系。瞬発力よりも持続する脚が必要だ。

マイネルラクリマ、エキストラエンド、オースミナイン、シャイニープリンス、テイエムオオタカ、トーセンレーヴなど。

現時点での注目馬はマイネルラクリマ、オースミナイン、レッドアリオン、シャイニープリンス

posted by メタル at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記