にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

アンタイトルド2100

小言オヤジ

2014年02月28日

アーリントンカップ予想

阪神芝外回り1600m。例年、逃げ先行が押し切るケースが多く、枠も内枠が有利となっている。開幕週なので当日の芝状況を見て詳細を決定したい。

<展開>小頭数でスローの上りの競馬になるだろう。1番人気の10番ミッキーアイルが逃げるが、これに逆らう理由はない。2、3着を探すレース。


◎ 10番ミッキーアイル

単騎逃げでそのまま押し切る。


△ 9番エイシンブルズアイ

千両賞は出遅れて後方から詰めただけだったが、前走は逃げて突き放す強さ。スタートを決めて2番手につけられれば馬券圏内には残るだろう。

△ 6番タガノグランパ

コチラは決め手があり、好位から抜け出すだろう。9番エイシンブルズアイをかわせるかどうかがポイント。脚質的に3着か。

I⇒EH⇒EH 2点
posted by メタル at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月26日

アーリントンカップ展望

阪神芝外回り1600m。開幕週なので馬場状態の見極めが重要だ。

例年は基本逃げ先行、内枠有利だ。

ポイント

(1)とにかく逃げ馬

開幕週の馬場は前が止まらない。このレースは特に逃げ馬に注意だ。

ミッキーアイル

(2)ダート馬に注意

阪神コースはパワーのいるコース。芝経験のある大崩れのないダート馬や初芝の馬に要注意だ。

今年は該当馬なし

(3)前走G1、G2組

強敵と戦ってきた馬が強い。

今年は該当馬なし

(4)阪神巧者

コース実績がある方が良い。

タガノブルグ

今年は勝ち馬は決まっているので2、3着選び。

現時点での注目馬、ミッキーアイル、タガノブルグ、タガノグランパ、エイシンブルズアイ
posted by メタル at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月25日

中山記念展望

中山芝1800m。開幕週なので馬場状態の見極めが必要だ。

ポイント

(1)小頭数なら逃げ先行、多頭数なら差し

小頭数だとスローになりやすいので、逃げ馬はそう簡単に止まらない。小頭数の場合は逃げ馬に注意だ。雨が降ったら1・2・3



(2)コース適性

中山コースが得意な馬が有利。中山コース実績に注目だ。

ナカヤマナイト、エアソミュール、ダイワファルコン、ロゴタイプ

(3)格重視

前走重賞組がほとんど。格のある馬を重視。

ナカヤマナイト、ロゴタイプ、ダイワファルコン、トウケイヘイロー、ジャスタウェイ、カレンミロティック、ヴェルデグリーン

(4)馬場と展開

馬場と展開に左右されるレースで、昨年のような不良馬場だと1・2・3しか来ないとか枠で決まる場合もある。馬場と展開に要注意。



現時点での注目馬は、トウケイヘイロー、ジャスタウェイ、カレンミロティック
posted by メタル at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月23日

共同通信杯予想

東京芝1800m。毎年スローの上りになる。今年もその傾向は変わらないだろう。瞬発力勝負。
血統的にはサンデーの子供たちが強いが、ディープインパクト産駒は取りこぼしが多い。

<展開>おそらく外枠の人気薄の馬が逃げそう。スローペースの上り勝負。


◎ 7番イスラボニータ

未だ連を外しておらず、ここも左程相手は強くない。57kgだが何とかこなしてくれるだろう。3番手くらいから抜け出す。


〇 5番サトノアラジン

やや決め手不足だが、前走はタフな馬場を最後しっかり伸びてきた。スローの上りなので、位置取り的に勝ちはないだろう。2、3着候補。


△ 2番ベルキャニオン

コチラは兄にカミノタサハラがいる良血馬。兄同様勝ち味に遅いが、スタートさえ決めれば勝負になる。ただ今回も勝ちはないか。2、3着候補。

△ 6番ショウナンワダチ

スローの上りならこの馬の末脚が行きそう。スタミナは要らないので後方からしっかり伸びてくる。3着候補。

穴:4番ローハイド

コチラは大崩のないタイプ。枠順が有利なので、鞍上戸崎が上手く乗るだろう。3着候補。

F−ADCE 3連複6点
posted by メタル at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月22日

フェブラリーステークス予想

東京ダート1600m。土曜の馬場を見ると1600mでは外を回しての差しは頑張っても3着。先行馬とインを突く差し馬が有利。

<展開>行くのは5番のエーシントップ、それを12番のブライトラインが追いかける展開。ペースは速くなるだろう。好位ざしのできる馬が有利か。


◎ 11番ベルシャザール

データ的にはこの馬が良さそう。心配なのは血統のキンカメ×サンデーのみだが、JCDでもしっかり勝っているのでここも得意の東京で問題ないだろう。


〇 15番ホッコータルマエ

使いづめで疲れが心配だが、データ的にも3着以内に入る確率は高い。ただ、こちらも父キンカメ、母系も底力がやや足りないので取りこぼしはありそうだ。


△ 2番ベストウォーリア

注目の馬であげたが、前日で3番人気と思ったより人気がある。こちらは馬場状態から内枠を上手くさばいて2、3着という感じだ。

△ 4番ワンダーアキュート

8歳馬だが能力は衰えていない。芝発走なので後方からの競馬になりそうだが、上手く立ち回るだろう。2、3着候補。

JN⇒ACJN⇒JNAC 12点
posted by メタル at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月21日

ダイヤモンドステークス予想

東京芝3400m。完全なスタミナ比べだ。



毎年来る馬の血統は決まっているので、長距離血統の馬を買えばよい。



<展開>7番のラブラドライトが楽に行けそうだ。スローの上り勝負になるだろう。



◎ 10番タニノエポレット



父:ダンスインザダーク、母父:ノーザンダンサー系とこの条件はプラス。前走同様、力を発揮できるだろう。



〇 1番フェイムゲーム



こちらも血統はステーヤー。父:ハーツクライ、母系はステイヤー。この距離は初めてだが、能力は上なのできっちりこなせるだろう。



△ 7番のラブラドライト



50kgで単騎で行ければそう簡単にバテないだろう。血統的にやや不安はあるが楽に行ければしっかり粘る。



△ 6番アドマイヤバラード



大崩れのない馬で、前走も休み明けながらしぶとく伸びた。兄に菊花賞3着馬のアドマイヤメインがおり、父がハーツクライということで、スタミナは問題ないだろう。



3連単 @I⇒FE 12点馬
posted by メタル at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月19日

フェブラリーステークス分析

昨年は分析でピックアップしたグレープブランデーが勝利。

フェブラリーステークスは当日の馬場状況で勝ち馬が左右されるので、予想は当日の馬場コンディションを見てからのほうがいいだろう。

今年の注目馬は、4歳馬のベストウォーリア。実績的に勝利はなさそうだが、2、3着には絡んできそう。血統的にはカジノドライブ、テスタマッタと同じA.P. Indy系でG1向きである。

G1出走歴あり、ユニコーンステークス快勝、休み明けの武蔵野ステークスは僅差の3着、前走はレコード勝ちと能力が高い。現状はマイル以下がいいので馬場が渋ればさらにプラスだ。

後は、人気になるベルシャザールホッコータルマエ。これらは血統がやや不安だが、実績からデータ的に絡んでくる馬。余程のアクシデントがない限り勝負になるだろう。

穴はG1実績のある高齢馬だが、ワンダーアキュートは芝発走なので昨年同様追い込みになる点がどうか。ニホンピロアワーズは血統的には2、3着に絡みそうだが外枠でないと辛い。枠次第か。

根岸ステークス組は血統的には良いのだが、年齢的にも実績的にもややレベルが低く、掲示板が精いっぱいだろう。今年は軽視。


上記の5頭から選ぶ。爆弾



posted by メタル at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月18日

フェブラリーステークス展望

東京ダート1600m。そこそこ荒れるレース。今年は意外と波乱含みか。

ポイント

(1)格

G1ということで、格が重要。

ホッコータルマエ、ワンダーアキュート、ベルシャザール、ニホンピロアワーズ

(2)前走東京大賞典、川崎記念組

距離が2000mくらいのG1を走れるタイプが強い。

ワンダーアキュート、ホッコータルマエ

(3)前走根岸S1〜3着

一昨年前は3着馬のテスタマッタが優勝。ただ、それ以前は勝ち馬が3着が精いっぱいなのであまり重要視しなくても良い。

ゴールスキー


(4)若い馬

世代交代のレースでもあるので、年末のG1で3着以内の若い馬が狙い目。

ホッコータルマエ


(5)穴

人気薄の実力馬を見つける。パターンはG1経験のある4歳馬、年老いてなめられているG1ホース。

ベストウォーリア、ワンダーアキュート、ニホンピロアワーズ

現時点での注目馬は、ホッコータルマエ、ベルシャザール、ベストウォーリア、ニホンピロアワーズ
posted by メタル at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月17日

クイーンステークス予想

東京芝1600m。雪の影響で馬場はやや重くらいになりそうだが、馬場はさほど悪くなく例年通りの結果となるだろう。

<展開>4番プレミアステイタスが逃げそう。スローの上り勝負になるだろう。ある程度先行力があるほうが良い。

◎ 6番フォーエバーモア

前走は阪神JFで僅差の3着。2走前のサフラン賞では完勝と、ここでは力が違うだろう。好位から抜け出して勝つ。

〇 2番マジックタイム

こちらも決め手は強烈だが、脚質的に有利とは言えないので勝ちはないだろう。2、3着候補。

△ 12番デルフィーノ

前走はスタートが悪く後方からの競馬。さらに、勝負所では追えず仕掛けが遅れた。まともなら最後は確実に伸びてくる。血統的にも今の馬場はいいだろう。

 
今のところE⇒KA⇒AK 2点
posted by メタル at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月15日

京都記念予想

京都芝外回り2200m。馬場はやや外目のほうがいいが、差し切るまではいかないか。

<展開>1番のトレイルブレイザーか8番のコスモロビン。いずれにしろスローの上りの競馬になる。


◎ 3番ジェンティルドンナ

鞍上が福永に替わるが、能力は高いので問題ないだろう。コーナーで上手く3分どころに出せば勝てる。


〇 10番トーセンラー

昨年の勝ち馬。58kgが問題だが、京都の外回りは得意。馬場がやや悪いので今回は勝てないだろう。2、3着候補


△ 9番アインコイルド

昨年から力をつけている馬。今の力のいる馬場ならこの血統が強い。馬場の良い外を回るのも有利だ。2、3着候補。

3連単B⇒IH⇒IH 2点
posted by メタル at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月14日

アルデバランステークス予想

京都ダート1900m。昨年は大荒れで波乱含みのレース。ポイントはノーザンダンサーの血で長くいい脚を使えるスタミナがある馬が強い。

<展開>ハナを奪うのは12番のサトノプリンシパル。不良馬場だとすると、前がそう簡単に止まらないのでペースは速くなる。


◎ 15番エーシンゴールド

休み明けだが、血統的にも実績的にもこの馬。未だ連を外しておらず、G1ホースクリソライトの2着2回と能力は高い。大崩れはしないだろう。


〇 7番タイムズアロー

重馬場ならこの馬。決め手は強烈で終いは確実。鞍上に不安はあるが、この条件で2着もあるので距離に不安はない。2、3着候補。

△ 2番ナイスミーチュー

斤量を背負っているので評価を下げたが、実績は十分。この条件も好時計の2着があるので問題ない。こちらも決め手があるので最後は伸びてくる。2、3着候補。


NFA 1点
posted by メタル at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月12日

京都記念展望

京都芝外回り2200m。京都外回り2200m。比較的堅く収まるレースで当てやすい。時折捨て身の逃げ馬が3着に入り穴となる。

ポイント

(1)格

このレースは格のある馬が強い。実績を素直に信用したほうが良い。

ジェンティルドンナ、トーセンラー

(2)前走有馬記念、日経新春杯組

有馬記念直行組が強い。

デスペラード、コウエイオトメ

(3)京都外回り巧者

トーセンラー、コウエイオトメ、ラキシス

(4)休み明けは割引

昨年の天皇賞秋2着のダークシャドウがなんとか2着。

トレイルブレイザー

(5)血統

サンデー長距離、ノーザンダンサー系、キンカメ×サンデー

ジェンティルドンナ、トーセンラーなど


現時点での注目馬は、トーセンラー、ジェンティルドンナ、トレイルブレイザー
posted by メタル at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月11日

デイリー杯クイーンカップ展望

東京芝1600m。例年スローペースになるため瞬発力を要する。

ポイント

(1)前走阪神JF組

同距離で格のあるこのレースで好走していれば、レースレベルの低くなるここでは力が上。

フォーエバーモア、マジックタイム

(2)前走フェアリーS組、ジュニアカップ

中山マイルのOPクラスで勝ち負けしている馬も強い。ただし、今年のフェアリーステークス組はレベルが低いので消しでいいだろう。

ニシノアカツキ、イントロダクション

(3)穴はマイルが少し長いんじゃないか?と言うタイプ

1400mがベストの馬でもインを突いてくれば2、3着に絡むことがある。当然ながら瞬発力は必須。

今年は該当馬なし。

現時点での注目馬は、フォーエバーモア、マジックタイム、ヤマノフェアリー
posted by メタル at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月10日

共同通信杯展望

東京芝1800m。毎年スローの上りになりやすく、瞬発力のある馬、内枠の馬に要注意だ。


ポイント

(1)1800m以上の経験馬

やはり距離経験があるのは有利。

ショウナンワダチ、アポロスターズ以外

(2)格が重要

この時期になるとある程度力関係も決まってくる。それなりに実績のある馬が絡む。

イスラボニータ

(3)瞬発力

スローの上りなので瞬発力が必要。


イスラボニータ、クラリティシチー

(4)先行力のある馬

内枠の先行馬に注意。

マイネルフロスト

現時点での注目馬は、イスラボニータ、クラリティシチー、マイネルフロスト、ピオネロ、サトノアラジン
posted by メタル at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月08日

きさらぎ賞予想

京都芝外回り1800m。雪で馬場状態がどうかだが、基本内側が荒れてるので外に出さないと勝負にならないだろう。トーセンスターダムとバンドワゴンの一騎打ち。

<展開>逃げるのは8番のオールステイ。バンドワゴンは今後のために控える競馬をするだろう。スローの上りか。3着を当てるレース。


◎ 5番バンドワゴン

現状は逃げたほうがいいが、逃げなくても能力が高いので大丈夫そうだ。有利な中枠、血統的にもこのレースと相性の良いホワイトマズル産駒、連は外さないだろう。

〇 1番トーセンスターダム

バンドワゴンに勝てるとしたらこの馬。血統的にもスローの上りはベストの条件。5番をしっかりマークして勝負に持ち込む。


△ 4番サトノルパン

戦ってきた相手が強く勝ち切れなったが、前走は圧勝。血統的にもこの馬だろう。最後はしっかり伸びてくる。

△ 9番ブラックカイト

外被せならこの馬だろう。4番が後方で上手く立ち回れない場合は、安ディープ×トニービンのコチラ。前走同条件に期待する。


@D⇒D@⇒CH 4点
posted by メタル at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月07日

エルフィンステークス予想

京都芝外回り1600m。桜花賞に直結するレースで毎年スローの上りになりやすい。血統的にはサンデー長距離×ノーザンダンサー系がよく絡むのがポイント。

<展開>逃げるのは8番か。頭数が少ないので左程ペースは速くならないだろう。瞬発力のある馬に注目。


◎ 3番ショウナンパンドラ

新馬戦は前残りの展開を最後詰めて2着。前走は出遅れて最後方からゆっくり上位に上がりきっちり差し切った。能力だけは一番高いだろう。問題はスタートだけ。

〇 9番チョコレートバイン

前走は大逃げを打った馬をゴール前ギリギリで捕らえての勝利。交わした瞬間は楽だったので、ここも好位置からしっかり前を捕まえるだろう。

△ 5番マラムデール

前走は休み明けを2着。根性が足りないので勝ちはないが3着くらいはあるだろう。3着候補。

△ 7番タガノアップ

小柄な牝馬だが、牡馬混合の新馬戦は外から強烈な脚で差し切った。父:ディープインパクト、母父ノーザンダンサー系で条件はぴったり。人気もなさそうなので自分の競馬ができるだろう。3着候補。


B⇒H⇒DF
H⇒B⇒DF  4点

posted by メタル at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月06日

ゴーストライター



結論を言ってしまうとゴーストライターを使っている書籍や芸術作品などは山ほどあるので、驚くべきことではない。

売れるという事はラベルが一番大事で、仮にこのゴーストライターの方が自分の作品として発表したとしても売れなかったであろう。

もちろん、本当にいい曲は誰が作曲しようとも売れるものである。ただ、そこにブランドがないとなかなか世には出回らない。昨年問題になった「食材偽装問題」と同様に大方の人間はそれが本物か偽物なのかわからないものだ。ホテルというブランドに惑わされ、チープな食材を使ったチープな料理を高いお金を払って何の疑いもなく「やはり高級店の料理は違うな」と感心するようなものである。

曲に関しても実際、作曲者が誰だとか本当にいい曲なら聞く方にとってはどうでもいいことだ。

この人が表に出てきたのは、研究者が会社からなけなしのお金で発明品を買い取られたようなものと同じ感覚か。

ただ、こういう場合共倒れになる可能性が高い。佐村河内さんはペテン師とされ、新垣氏は大口のスポンサーがつかなければラベルを失い活動が難しくなるだろう。

posted by メタル at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月04日

東京新聞杯展望

東京芝1600m。荒れるレースなので穴狙い。例年時計が早いので、差し馬は相当な切れ味が必要だ。

ポイント

(1)東京巧者

同条件に良積がある馬が良い。

エキストラエンド、クラレント、エールブリーズ、サトノギャラント、ダノンシャーク

(2)瞬発力

上りが速いので、瞬発力のあるタイプが良い。

エキストラエンド、クラレント、サトノギャラント、ショウナンマイティ、ダノンシャーク

(3)1600万勝ち、オープン勝ち

勢いに乗っている馬には注意だ。

エールブリーズ、サトノギャラント

(4)前走マイルチャンピオンシップ直行組

人気のない方の馬が来やすい。

ダノンシャーク、リルダヴァル、サクラゴスペル

(5)牝馬は来ない

牝馬は頑張っても4着。


(6)血統

サンデー長距離×ノーザンダンサー系、ロベルト×サンデー。長くいい脚が使えるタイプ。

エキストラエンド、クラレント、ダノンシャーク、ショウナンマイティ、サトノギャラント

現時点での注目馬は、エキストラエンド、クラレント、ダノンシャーク、サトノギャラント
posted by メタル at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月03日

きさらぎ賞展望

京都外回り1800m。Bコースに替わり差し馬が有利な馬場になりつつある。

ポイント

(1)逃げ馬に要注意

このレースはスローペースになりやすい。人気のない逃げ馬が淡々と逃げ切ってしまうケースが多く、逃げ馬に要注意だ。

バンドワゴン

(2)京都巧者

京都コースが得意な馬が良い。瞬発力タイプが向いている。京都外回りの経験は重要だ。

ジョウノムサシ、トーセンスターダム、

(3)前走2000m組

前走がマイル(重賞を除く)よりも1800〜2000mを使っていた馬が良い。

バンドワゴン、トーセンスターダムなど

(4)血統

基本はサンデーサイレンス系の馬から。また逃げ切りのパターンはホワイトマズル産駒などのノーザンダンサー系に注意。

バンドワゴン、トーセンスターダムなど

(5)差し馬は瞬発力

スローペースになるので差し馬は相当強烈な決め手がないと馬券圏内に入らない。

トーセンスターダム

現時点での注目馬は、バンドワゴン、トーセンスターダム、サトノフェラーリ、ダノンアンビシャス
posted by メタル at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月01日

シルクロードステークス予想

京都芝内回り1200m。Bコースに替わり差し馬が有利。中枠の差し馬に注目。



【展開】1番のレディオブオペラが行けそう。頭数は多いがペースは落ち着きそうだ。




◎ 1番レディオブオペラ



毎回逃げて上りが33秒台。これだと後続は届かない。ただ、今回は差しが決まりやすい馬場なので最内枠はやや不利。コーナーで3分どころへ出せるかどうか。



〇 2番ストレイトガール



逆転できそうなのはこの馬。パワーもあるので荒れた内側も捌けそうだ。1番をマークしてコーナーで外目に出す競馬がいいだろう。



△ 3番プレイズエターナル



馬場はこの馬向きの馬場に変わった。決め手は強烈なので、こちらは如何にスムーズに直線に出せるかがポイント。鞍上浜中で確実に伸びてくる。2、3着候補。






3連単@A⇒@ABL⇒@AB
 
posted by メタル at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記