にほんブログ村 漫画ブログ ウェブ漫画へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

アンタイトルド2100

小言オヤジ

2014年04月30日

青葉賞展望

東京芝2400m。ダービーのトライアルレースだ。この組の優勝馬はダービー2着までということで、ややレベルの低いレース。

ポイント

(1)前走毎日杯組

毎日杯好走馬と相性が良い。

マイネルフロスト、ラングレー

(2)血統

ディープインパクト、ゼンノロブロイ、ハーツクライなど東京2400mが得意なサンデー系種牡馬が強い。


ワールドインパクト、ラングレー、ヤマノウィザード、アドミラルシップ



(3)前走皐月賞トライアル及び皐月賞敗退馬

トライアルを使える馬はレベルが高い。

エイシンエルヴィン、ウインマーレライ、ナスノアオバ

(4)大崩れのない馬

連対率の高い馬は注意

ワールドインパクト

(5)前走中長距離500万特別

500万特別戦2200〜2400で好走している馬は絡んでくる。

シャンパーニュ、ワールドインパクト、ゴールドアクター

現時点での注目馬はワールドインパクト、ラングレー、マイネルフロスト、ヤマノウィザード

posted by メタル at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月29日

アンタイトルド2100〜特別編〜

特別編アップしました。

お話のどこかに隠れています。

ヒントは妄語地区・・・。

http://interleukin21.sakura.ne.jp/index.html
posted by メタル at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月28日

天皇賞(春)展望

京都芝外回り3200m。今年も高速馬場。前はそう簡単に止まってくれないだろう。差し馬は相当な瞬発力とスタミナを要する。

ポイント

(1)前走阪神大賞典、大阪杯、日経賞組、京都記念

これらのレースをステップに使い上位に来ている馬が強い。

ゴールドシップ、ウインバリアシオン、ホッコーブレーヴ、キズナ、デスペラード

(2)血統

長距離と言う事で血統の裏付けは必要だ。ディープ産駒は割引。

ゴールドシップ、アドマイヤフライト、フェノーメノ、アドマイヤラクティ、フェイムゲーム、ホッコーブレーヴ、タニノエポレット、レッドカドー


(3)穴のタイプ

たまに人気薄が3着に絡むことがある。ステップは大阪ハンブルグカップまたは阪神大賞典、日経賞で惨敗しているタイプ。万葉S好走馬、ダイヤモンドS好走馬に要注意。

タニノエポレット、フェイムゲーム、フェノーメノ、アドマイヤフライト

(4)年寄りはキツイ

切れのある若い馬の方が有利だ。(G1ホースを除く)

アスカクリチャン、タニノエポレット



現時点での注目馬は、ウインバリアシオン、フェノーメノ、キズナ、アドマイヤフライト
posted by メタル at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月26日

マイラーズカップ予想

京都芝外回り1600m。高速馬場で逃げたもの勝ちだ。逃げ馬を探すのがポイント。

<展開>これと言った逃げ馬がいないので難解だが、11番レッドアリオンあたりが逃げないか。追い込み馬が多いので穴なら前へ行く馬だろう。

◎ 5番 フィエロ

ディープ×ノーザンダンサー系で高速馬場向き。内枠を引いたので外回りなら何とか馬券圏内には入るだろう。

〇 12番 エキストラエンド

コチラも高速馬場は得意。ただ流石に脚質的に厳しいが確実に伸びるので。川田の腕に期待だ。

△ 11番 レッドアリオン

逃げてくれれば残る。アグネスタキオン×ダンシングブレーヴで逃げればバテナイだろう。

△ 6番 オースミナイン

コチラもディープ産駒。 詰めが甘いので勝ちはないが2、3着には絡んでくるだろう。


3連単 マルチ BK⇒JE 12点
posted by メタル at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月25日

福島牝馬ステークス予想

福島芝1800m。今週からBコースに替わる。馬場も例年通り力のいる馬場なので、8番枠以内の馬が勝だろう。長くいい脚が使える馬が有利だ。血統的にはサンデーの血。

<展開>逃げるのは9番ミヤコマンハッタン、5番セキショウ、13番アグネスワルツなど。ペースは速くなりそうだ。持久力勝負。

◎ 7番キャトルフィーユ

愛知杯、中山牝馬と共に2着。姉同様切れる脚はないが、しぶとく伸びるタイプだ。上りのかかる福島なら勝負になる。

〇 12番サトノジュピター

大崩れのない馬。格下だが、確実に伸びてくる脚がある。兄はスタミナ型のアドマイヤラクティで母系はスタミナが豊富。小回りの中山で良績があるように直線が短い福島は得意であろう。2、3着候補。

△ 2番アロマティコ

この馬は底力が足りないので叩き合いになると負けてしまう。勝つならば展開が完全にはまらないとならないが今回もギリギリのところで勝てなさそうだ。昨年はこのレース4着。外枠が響いたようだが、今回は2番枠と良い枠を引いた。コーナーで外へ出せば確実に伸びてくるだろう。2、3着候補。

F⇒KA⇒AK

3連複 FKA 合計3点
posted by メタル at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月24日

福島牝馬ステークス展望

福島芝1800m。先週の馬場を見ると若干内目が悪くなってきた模様だ。馬場の3分どころを通れる馬が有利になりそうだ。

ポイント

(1)前走中山牝馬S

とにかく前走このレースに出走していた馬が絡む。昨年はこの組のワンツー。

など

(2)前走条件戦

3歳時にクラシック戦線で少し足りなかったタイプがここで花開く。

トーセンアルニカ、フロアクラフト

(3)過去の栄光馬に注意

復調気配のある格上馬に注意

ミッドサマーフェア、

現時点での注目馬は、ミッドサマーフェア、トーセンアルニカ、フロアクラフト、キャトルフィーユ
posted by メタル at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月22日

フローラステークス展望

東京芝2000m。オークスのトライアルレース。例年スローの上りになりやすく、瞬発力を要する競馬になる。毎年荒れ気味だ。

ポイント

(1)内枠の馬

開幕週ということもあり馬場は絶好。コーナーで外に膨れると届かないケースが目立つ。インで脚を貯められる内枠の馬が有利だ。外枠の場合は相当実力がないとダメ。

(2)前走桜花賞組は弱い

格的には桜花賞組なはずだが、距離適性のせいか桜花賞組が絡むことが少ないので軸は危ない。

該当馬なし


(3)1800〜2000m経験あり

とくに前走ミモザ賞、フラワーカップ好走馬は注意。

ハピネスダンサー、マイネグレヴィル、ムードスウィングス、アンジュデュバンなど

(4)菜の花賞

なぜかこのレースを使っている馬が良く絡む。

ムードスウィングス

(5)前走、新馬、未勝利でもOK

1800〜2000mの経験があれば、格は必要ない。素質重視。



(6)前走クイーンカップ組は2、3着候補

2ハロン伸びるので、勝ち馬はいないが押さえる必要がある。

マジックタイム

(7)血統

スタミナと瞬発力を要する傾向にあるので、良馬場なら父はサンデーの長距離系やロベルト系、母父は瞬発力のあるミスプロ系、スピードのあるノーザンダンサー系が好ましい。

ムードスウィングス、マリアライト、マローブルーなど

現時点での注目馬は、ムードスウィングス、マジックタイム、ハピネスダンサー、マイネグレヴィル、ブランネージュ
posted by メタル at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月21日

読売マイラーズカップ

京都芝外回り1600m。1昨年から京都開催になった。

ポイント

(1)前走中山記念、東京新聞杯組、マイルCS、六甲S、京都金杯

前走はマイルからの参戦した馬がほとんど絡んでいる。5着以内に好走した馬が強い。

エキストラエンド、オースミナイン、フィエロ、ラトルスネーク

(2)京都マイル巧者

京都のマイル実績のある馬が有利。

エキストラエンド、オースミナイン、フィエロ

(3)時計勝負

過去2戦とも時計が速い。時計勝負に強い馬が有利だ。

エキストラエンド、フィエロ

(4)格

勝ち馬は格のある馬。G2勝ち以上の馬は強い。

サンカルロ

(5)血統

高速決着に強い、ディープインパクト産駒、スピードの持続力のあるノーザンダンサー系が強い。ミスプロ系は3着。

エキストラエンド、フィエロ、オースミナイン、ワールドエース、カオスモス

現時点での注目馬は、エキストラエンド、フィエロ、オースミナイン、カオスモス
posted by メタル at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月19日

皐月賞予想

馬場は展望と違ってタフな馬場、上りを要するのでとにかくスタミナ型が有利。枠は中枠が有利か。勝つためにはある程度の先行力が必要だ。

<展開>逃げ馬がいないので、おそらく人気のない3番辺りがハナを奪うだろうが、スローペースになりそうだ。先行力のあるスタミナ型が勝つ。

◎ 7番 トーセンスターダム

データ的には来ないが、未だ負けなし。枠も良く、渋った馬場も得意。有力馬に差し馬が多い事からある程度いい位置で競馬ができるだろう。母系には天皇賞馬のトーセンジョーダンもおり、スタミナは問題ないだろう。負けなしで勝利する。


〇 17番 トゥザワールド

データ的には軸でよい馬。唯一の不安は血統で、キンカメ×サンデー。兄のトゥザグローリーも有馬記念3着2回と3着が指定席だ。今のタフな馬場を考慮して3着候補。

△ 18番 ウインフルブルーム

今回一番血統に問題ない馬がこの馬。データ的にも絡んでくるタイプで、先行馬の少ない今回はチャンス。自分のペースで押し切る。2着候補。

▲ 14番 バウンスシャッセ

他の馬が怪しい分、残ったのがこの馬しかなかった。クラシックと縁のない藤沢きゅう舎なら有力視されているロサギガンティアよりこっちの方が楽にレースができるだろう。切れ味がないので今の馬場はプラス。牝馬でも500キロを悠に超える馬体、牡馬より2kg軽い斤量、中山で負けなし、前走は2着馬に0.3秒以上つけての勝利、先行力もあり条件はベストだ。

FM⇒Q⇒P 2点
posted by メタル at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月18日

アンタレスステークス予想

阪神ダート1800m。金曜の雨で重馬場になるだろう。このレースが阪神に替わって以来1番人気が2勝と人気通りの決着となる。穴は逃げ馬。

<展開>逃げ馬が3頭。1番のトウショウフリーク、2番のグレイスフルリープあたりが行きそう。ペースは速くなるだろう。時計勝負。


◎ 12番ニホンピロアワーズ

この相手なら楽に勝てそうだ。7歳、58kgと条件は厳しいが能力的に力が一枚上だろう。枠も絶好だ。


〇 1番トウショウフリーク

逃げ馬ではこの馬が残りそう。自分のペースで行ければしぶとい。2、3着候補。

△ 10番ナムラビクター

良馬場なら1着もあったが、生憎の重馬場。脚抜きの良い馬場はマイナスなので2、3着が限界か。

△ 13番ソロル

コチラは重馬場が歓迎の口。時計勝負なら引けを取らないだろう。マーチS組は絡んでくるが、勝ちはないので2、3着候補。

K⇒@IL⇒@IL 6点
posted by メタル at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月17日

皐月賞枠順確定

人気になりそうな、イスラボニータは2番、トーセンスターダムは7番、トゥザワールドは17番に入った。

皐月賞はここ数年外枠が有利な傾向にあるのでイスラボニータ以外は有利だろう。

今年は難解なレース。

イスラボニータは父がフジキセキ、母系もスタミナ型ではない。初の中山、初の2000mでデータ的には消しだ。

トーセンスターダムは、きさらぎ賞直行組。過去10年では一回も馬券に絡んだことがない。

トゥザワールドはデータ的には3着以内はほぼ確実だ。ただ、血統面では3着が指定席。

◇◆◇◆◇◆◇◆

アジアエクスプレスは2000mの経験がない上、前走スプリングS2着。このタイプは距離が長くて本番は来ない。血統的にも2000mはやや長い。

スプリングステークス勝ち馬のロサギガンティアは前前走500万条件、外人から柴田善に乗り替わりで、おそらく出遅れるだろう。父フジキセキもネックだ。

◇◆◇◆◇◆◇◆

弥生賞2着のワンアンドオンリーはハナ差の2着に惜敗。弥生賞2着馬に勝ちはないが、血統的には父ハーツクライでこの条件はこなせそう。データ的には来る。問題は最内枠か。

弥生賞3着のアデイインザライフは京成杯で3着以下に敗れていたのでデータ的には来ない。消しの候補だ。

◇◆◇◆◇◆◇◆

若葉S勝ち馬のアドマイヤデウスは大崩れがなく強いが、父がミスプロ系というのがネック。前走も後方からの競馬なのでデータ的には消しである。

若葉S2着のウインフルブルームはデータ的には穴馬で来るタイプ。父もスペシャルウィーク、母系はテスコボーイなので皐月賞に合っている配合、勝ちはないが、2、3着候補だ。

◇◆◇◆◇◆◇◆

穴としての注目は14番のバウンスシャッセ。14番は皐月賞のラッキーナンバーで過去10年の内3勝している。ここ2年も1、2着とベストの枠。牝馬だが、馬格も500キロを超え、中山は得意。中山2000mの時計もキングズオブザサンと同じくナンバーワン。

血統的にもサンデーの長距離系に母系もスタミナがあり、兄弟はG1ホース。データ面や血統的に足りないメンバーが揃う中、一発あるとしたら牝馬のこの馬か。
posted by メタル at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月16日

アンタレスステークス展望

阪神ダート1800m。ダートが乾けば比較的先行有利。

ポイント

(1)前走マーチS、仁川SなどOP組

マーチSの着順は問わないが、仁川SなどOP組は勝利していたほうが良い。

ソロル、クリノスターオー、グラッツィア、リアライズキボンヌ、ナムラビクター


(2)前走地方レース

特に名古屋大賞典組に注目。

ニホンピロアワーズ、トウショウフリーク

(3)前走G1好走馬

やはり格がある馬は強い。

今年は該当馬なし

(4)阪神巧者

同条件に勝ち鞍があるほうが良い。

ニホンピロアワーズ、ナムラビクター、クリノスターオー、ソロルなど

(5)血統

スタミナ血統が強い。サンデー系ならスペシャルウィーク、ゼンノロブロイ。父がミスプロなら母系はロベルト、トニービンなどのスタミナが必要だ。

ニホンピロアワーズ、ナムラビクター、トウショウフリーク、グランドシチー

現時点での注目馬は、ニホンピロアワーズ、ナムラビクター、ソロル、トウショウフリーク、グランドシチー
posted by メタル at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月14日

皐月賞展望

中山芝内回り2000m。Bコースは良馬場なら馬場の3分どころが伸びる。馬場は芝の成長により高速馬場と化すので時計勝負になりそうだ。瞬発力が必要。今年は混戦模様でどの組が強いか判断が難しい。荒れそうな予感。

ポイント


(1)重賞勝ち馬

格で来るレースなので、重賞勝ちの実績は重要だ。

アジアエクスプレス、イスラボニータ、タガノグランパ、トゥザワールド、トーセンスターダム、バウンスシャッセ、ロサギガンティア、ワンアンドオンリー

(2)中山コース巧者

中山コースが得意な馬は有利。

トゥザワールド、アジアエクスプレス、アデイインザライフ、バウンスシャッセ、ロサギガンティア、ワンアンドオンリー

(3)前走トライアルレース組

基本は弥生賞、スプリングステークス、若葉Sから。共同通信杯組、きさらぎ賞組はやや不利。いずれにせよ重賞勝ちかG1連対馬が強い。

アジアエクスプレス、トゥザワールド、ロサギガンティア、ワンアンドオンリー、ベルキャニオン、アドマイヤデウスなど


(4)血統

近年は父:サンデー系長距離が強い。母系はスタミナ系統が望ましい。3着馬はその他でも良い。ディープインパクト産駒は詰めが甘い傾向がある。

アデイインザライフ、ウインフルブルーム、ステファノス、トーセンスターダム、バウンスシャッセ、ベルキャニオン、ワンアンドオンリー


現時点での注目馬は、トゥザワールド、ワンアンドオンリー、トーセンスターダム、ベルキャニオン
posted by メタル at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月12日

桜花賞予想

阪神芝外回り1600m。予想通り馬場が高速化しており、一概に外差し有利とは言えない馬場となった
。差し馬は半端ない瞬発力が必要だ。とりあえず新聞を半分に折る。


<展開>逃げそうなのは1番、3番、4番、7番、11番など頭数が揃った。ペースはハイペースとなるだろう。時計勝負。


◎ 18番ハープスター

これは言うまでもない。高速馬場も新潟の勝ちっぷりを見れば問題ない。勝つのはこの馬だ。


〇 9番フォーエバーモア

データ的にもこの馬が絡んでくる。前走クイーンカップなので1着はないが、しっかり2、3着には絡んでくるだろう。2、3着候補


△ 12番レッドリヴェール

過去にぶっつけで12着に沈んだスティンガーの例があるが、当時とはコース形態もことなりスティンガーは関東馬。関西馬で半端ない根性の持ち主のこの馬なら休み明けでも惨敗はないだろう。2、3着候補。

Q⇒HK⇒HK 2点
posted by メタル at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月11日

ニュージーランドトロフィー予想

中山外回り1600m。毎年時計が速くなる傾向にあるのでスピードのあるタイプが有利。差し馬は強烈な決め手が必要だ。

<展開>逃げるのは1番のパワースラッガーと4番イダス。江田は強引に逃げるので4番は控えるだろう。ペースはそこそこ早くなる。時計勝負。


◎ 10番マイネディアベル

朝日杯FSは先行馬にキツイ流れ+伸びない内側の馬場を通って4着。瞬発力がないので、ある程度上りがかかるほうが良い。母系はスタミナ十分なのでそう簡単にバテないだろう。

〇 11番ウインフェニックス

大崩れのない馬で、昨年は強力な相手にしぶとく食い下がっていた。血統的にもこの条件はベストだろう。詰めが甘いので2、3着候補。

△ 5番アルマエルナト

前走は内で包まれながらも伸びない内を突いて3着。鞍上が下手なので勝ちはないが、馬の能力は高い。折り合いに不安があるので、ペースが速くなる今回はプラスとなる。3着候補だ。

▲ 4番イダス

先行してから成績を上げた。今回は鞍上が戸崎に替わり控えて競馬をするだろう。血統的にスタミナ型なので速いペースでもバテない。先行して抜け出す。

穴:8番メイショウコルノ

父:マンハッタンカフェ、カラダも大きく持ち時計は一応あるのでここでも絡める可能性は高い。3着候補。

CI⇒CIJ⇒DGCIJ 12点
posted by メタル at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

阪神牝馬ステークス予想

阪神芝内回り1400m。先週のレース結果から、逃げ1頭外差し2頭がくるパターン。内側の馬は相当能力が高くないとならない。

<展開>行くのは11番のクロフネサプライズ。小頭数なので左程速くならないだろう。差し馬は長くいい脚を使え且つ瞬発力も必要だ。決め手勝負。


◎ 4番スマートレイヤー

阪神コースは負けなし。血統的にもスタミナを要するこの条件に合っている。極端に後ろにいなければ勝ち負けになるだろう。


〇 11番クロフネサプライズ

逃げならこの馬。休み明けで鞍上も不安だが、単騎で行ければ何とか粘りそう。血統的にもこのレースと相性の良い、クロフネに母父は持続力のあるトニービン。自力で踏ん張る。2、3着候補。

△ 7番ヴィルシーナ

実績では上。スローの上りは得意なので直線の短いこの条件はプラス。阪神コースも得意だ。2、3着候補。

△ 13番アミカブルナンバー

外被せはこの馬。父がダイワメジャーでマイナスだが、母系はスタミナ十分。ここ4戦中3戦は上り3ハロン33秒台。着拾いなら十分いけそうだ。3着候補

▲ 1番トーホーアマポーラ

データ的にはこの馬。最内枠だが、差し追い込みの多いこの条件なら直線で馬場の3分どころに出し伸びてこれそう。鞍上岩田に期待する。

@C⇒@CFJ⇒@CFJL 18点
posted by メタル at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月10日

桜花賞枠順確定

1番人気になるハープスターは大外18番枠、休み明けのレッドリヴェールは12番枠、フォーエバーモアは9番枠と理想通りの枠となった。

逃げ先行馬が多くハイペース。

取捨は12番のレッドリヴェールをどうするか。

穴は重賞OP勝ち馬となるが、ベルカントは距離が長く、ホウライアキコもタフな阪神コースは苦手そう。マーブルカテドラルはやや詰めが甘く、ペイシャフェリスは持ち時計もなく、脚質が合わない。

となると、チューリップ賞2着の10番ヌーヴォレコルト、すみれ賞4着の6番レーヴデトワール。

前者はチューリップ賞以外重賞出走歴がない点が不安、後者は成績に安定感がない。

やはり休み明けでもレッドリヴェールが強いか・・・。

posted by メタル at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月09日

阪神牝馬ステークス展望

阪神内回り1400m。差し馬が有利なレース。決め手のある阪神巧者が狙い目だ。

ポイント

(1)前走G1以外は6着以内

1400mに変わってからは実力馬がそのまま来ている。大敗している馬は消しだ。



(2)勢いのある馬

前走1600万でも勝負になる。調子が上がってきている馬に注意。

トーホウアマポーラ、ウイングザムーン、アミカブルナンバー

(3)距離適性が合わなくても格があればOK

1400mは少し忙しいかなと思われる馬でも、重賞戦線で好走している馬は強い。

スマートレイヤー、ミッドサマーフェア、ウリウリ、ヴィルシーナ

(4)阪神巧者

やはり阪神が得意なタイプは有利だ。

ヴィルシーナ、ウイングザムーン、スマートレイヤー

(5)血統

サンデー長距離が強い。

ウリウリ、スマートレイヤー、ヴィルシーナ

(6)逃げ馬

時々逃げ馬がのこる場合がある。長くいい脚が使える血統の逃げ馬に注意。

クロフネサプライズ

現時点での注目馬は、ウリウリ、スマートレイヤー、ヴィルシーナ、クロフネサプライズ


posted by メタル at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月08日

ニュージーランドトロフィー展望

中山芝1600m。NHKマイルカップのトライアルレース。毎年荒れるので穴狙いが良い。馬場は荒れていると言われているが、実際は逆でこの時期は芝が成長する時期。むしろ速い上りの速い時計の勝負になるだろう。先行馬有利

ポイント

(1)前走スプリングS組

やはり格のあるこのレースで上位にいる馬はここでも強い。基本は5着以内が望ましい。

クインズハリジャン

(2)前走アーリントンカップ3着以内

前走アーリントンカップで3着以内の馬も強い。

フェルメッツァ

(3)500万条件勝ち馬

スピード勝負になるので、1400m〜1600mの勝ち馬が良い。OP出走歴がある方が尚良い。

ウインフェニックス

(4)持ち時計

時計が速くなることが多いので、持ち時計がある方が有利。

ショウナンアチーブ、イダス、フェルメッツァ、メイショウコルノ

(5)ファルコンステークス組

アルマエルナト、カラダレジェンド、ショウナンアチーヴ、ベルルミエール

(6)前走きさらぎ賞組

この組はあまり来ないが、シンザン記念で上位に来ている馬は要注意。

該当馬なし

(7)血統

パワーのある血統が強い。SS系ならフジキセキ、ダイワメジャー、アグネスタキオンなど ミスプロ系、ノーザンダンサー系に注意。



現時点での注目馬は、フェルメッツァ、ウインフェニックス、ショウナンアチーブ、カラダレジェンド
posted by メタル at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月07日

桜花賞展望

阪神外回り芝1600m。Bコースに変わり、外差しの馬場なので外枠の差し馬が有利。今年は強い馬がいるので固く収まるだろう。枠で勝負が決まる。

ポイント

(1)チューリップ賞組

このレースで掲示板の馬は絡む。

ハープスター、ヌーヴォレコルト、リラヴァティ

(2)エルフィンS組が強い

前走エルフィンS組との相性が良い。

今年は該当馬なし

(3)外枠が有利

外差しの馬場なので外枠の差し馬が有利。

(4)トライアル外のOP勝ち馬に注意

ペイシャフェリス

(5)阪神FR組

勝ち馬でも3着が精一杯。軽視して良いだろう。

ベルカント

(6)クイーンカップ

勝ちはないが2,3着には来る。

フォーエバーモア

(7)血統

ディープインパクト×ノーザンダンサー系がベスト。

ハープスター

今年はハープスターが1番枠を引かない限り勝つだろう。ポイントはJF以来のレッドリヴェールがどうかだ。


現時点での注目馬は、ハープスター、フォーエバーモア、レッドリヴェール
posted by メタル at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記